2009.3.30 『カエターノ・ヴェローゾ“粋な男”ライブ』上映&「ボサノヴァ旅館いそしぎ」公開録音


60年代後半、カエターノ・ヴェローゾらが中心となって
ブラジルポピュラー音楽に革命をおこしたムーブメント「トロピカリア」。
それは、音楽シーンにとどまらず、アート・建築、
ブラジルカルチャー全体へと巻き起こった革命へのはじまりでした。

今回は特別に、博多ボサノヴァ研究所主宰であり、
FREE WAVE TENJIN FMにて『ボサノヴァ旅館いそしぎ』のDJをつとめる
西島浩一朗氏のブラジル音楽についての熱いトークと選曲を交えながらの
公開録音も同時開催!
西島氏所有のヴィンテージレコードの紹介&解説あり。
成熟したカエターノの貴重なライブ映像と共にブラジル音楽の魅力に酔いしれましょう!

■日時
3月30日(月)
19:00open 20:00start
■料金
¥2,000(要1オーダー)
*上映前に博多ボサノヴァ研究所による解説と選曲【FREE WAVE「ボサノヴァ旅館いそしぎ」公開録音】
ご予約・お問い合わせ:TEL 092-526-6639 http://www.dalahastcafe.com/
協力:FREE WAVE TENJIN FM/博多ボサノヴァ研究所




============================
「ボサノヴァ旅館 いそしぎ」
FREE WAVE TENJIN FM (77.7MHz) 毎週土曜日9:00〜9:30

ボサノヴァを追求し、アナログ盤をこよなく愛す「博多ボサノヴァ研究所」主宰・西島浩一朗が
お送りする徹底ボサノヴァ番組。パーソナリティの西島氏は、その幅広い知識と人脈で、来日・
来福する国内外のブラジル系アーティストとも親交が深く、近年ではnaomi & goro「Bossa Nova
Songbook1」限定盤付録の冊子にて坂本龍一、中原仁らと並びボサノヴァの名曲を選曲・紹介
している。 土曜日の午前9時、まどろみながら聴く“ゆるみ系”ボサノヴァのしらべ。
最高のぜいたく。あぁ、サウダージ。
============================



<上映作品>

『カエターノ・ヴェローゾ“粋な男”ライブ』 ドキュメンタリー  

監督:モニーク・ガルデンベルク 
プロデューサー:フラヴィオ・R・タンベリーニ
(2003年/ブラジル/62分)
配給:アップリンク

ボサノヴァに革命をもたらし、今なおブラジル音楽界のトップに君臨し続ける
カエターノ・ヴェローゾ。
3度にわたる来日ツアーで、日本にも多くの熱狂的なファンを持つ
カエターノ・ヴェローゾが、1995年リオデジャネイロで開催した伝説のライブが
遂に公開されました。
ラテン・アメリカの名曲を取り上げた大ヒットアルバム「粋な男」からの曲を中心に、
アストル・ピアソラ、アントニオ・カルロス・ジョビンのカバーなど全16曲を収録。
オーケストラをバックに、ギターを弾き語るカエターノの艶やかな声が、見る人を
陶酔の世界へといざなう。
映画『ブエノスアイレス』で使用された名演『ククルクク・パロマ』等も収録。


PICK UP!<関連書籍>

「トロピカリア」の進化形 — 現代ブラジルカルチャーを知る1冊
『ネオ・トロピカリア|ブラジルの創造力』
(エスクァイア マガジン ジャパン刊/定価2,625円(税込))

—ブラジルから<新しい世界>がみえた。
20世紀から未来世紀へ。
生命力と驚異に満ちたアート、建築、ファッション、音楽。
現代ブラジル・カルチャーを代表する全28組のアーティストを通して、
60年代に起こった終わりなき芸術革命「トロピカリア」の進化の軌跡を追う。
「ネオ・トロピカリア│ブラジルの創造力」展公式図録。



※エスクァイア ラウンジとは?
独自の美学を持ち、自分のライフスタイルを築き上げている人たちに、あらゆるエン
ターテインメントをはじめとする大人の男の楽しみを、そして価値観を提案し続けて
きたエスクァイアと、映画の世界感を色々な角度で楽しむきっかけづくりをしてい
る69'nersFILMがお届けする、移動映画上映。【豊かな精神生活】をキーワードに古
いものを新しい視点で見直すという“アート・オブ・リビング”の精神でセレクトさ
れた映画をぜひご堪能ください!!